医療法人啓光会
藍の都脳神経外科病院
AINOMIYAKO NEUROSURGERY HOSPITAL
救急病院認定/365日24時間対応
平成24年11月1日SCU(脳卒中ケアユニット)開設予定
  • 当院について
    • 院長挨拶
    • 院長略歴
    • 病院理念
    • 届出済施設基準
    • 受付
    • 待合室
    • ナースステーション
    • 手術室
    • 血管造影室
  • 当院の特徴
  • 医師のご紹介
  • 入院について
  • 部門紹介
    • 看護部
    • 看護部教育担当
    • 放射線部
    • リハビリテーション部
    • 薬剤部
    • 臨床検査部
    • 栄養部
    • 医事課
    • 地域連携室
    • 居宅介護支援事業部
  • 外来診察案内
  • 緊急超急性期高度治療への取組
  • 高度専門的治療への取組
    • 頭蓋内コイル塞栓術
    • ステント留置術
    • 顕微鏡脳外科手術
    • ボトックス療法
    • PCI
    • ペースメーカー
    • 禁煙外来
    • ICPモニタリングシステム
    • AVM(脳動静脈奇形)塞栓術
    • d-AVF(硬膜動静脈瘻)
    • 術中ICG蛍光血管撮影
    • 術中神経モニタリング
  • 診療統計
  • 手術実績
  • 救急受け入れ実績
    • 平成23年度
    • 平成24年度
    • 平成25年度
    • 平成26年度
    • 平成27年度
    • 平成28年度
    • 平成29年度
  • 脳ドック
  • ボトックス
  • 肉毒杆菌
  • TMS
  • NCDへの参加について
  • 広報誌
  • お問い合わせ
脳卒中センター
SCU 脳卒中ケアユニット
脳神経外科専門外来
緊急超急性期高度治療への取組
ボトックス外来
最先端リハビリテーション
医療観光
NASVA
病院情報の公表
回復期リハビリテーション
地域連携室
居宅介護支援事業部
研修会・研究論文・学会業績
当院の取り組み
頭を打った時は
交通・アクセス
スタッフ募集
医療法人啓光会 藍の都脳神経外科病院
大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号
TEL:06-6967-7727
mail:hosp@ainomiyako.net
QRコード
  • 看護部理念及び看護方針
  • 看護部のご挨拶
  • 回診の様子
  • 看護師の業務
  • 看護部教育担当
  • スタッフ募集

看護部理念

常に患者様や家族の立場にたち、確かな技術と暖かい心で、信頼される看護サービスを実施します。

看護方針

私達は、皆様が安心して安全な医療が受けられるように、確かな技術と専門的知識を持って看護を提供します。
私達は、地域の皆様から信頼され満足して頂ける、その人らしさを大切にした看護を提供します。
私達は、専門職として常に知識・技術の研鑽に努めます。
私達は、互いを尊重し成長しあえる職場環境を築きます。

看護部のご挨拶

2階病棟 看護師長 土海由紀

2階病棟 看護師長 土海由紀

2階病棟は、SCU(脳卒中ケアユニット)を含む41床の急性期病棟です。
SCUでは、急性期の脳卒中患者さまを受け入れ、発症早期から、24時間体制で集中的な治療・看護・リハビリをおこなっています。
 脳卒中による死亡率の低下や機能障害の改善は、いかに早期に適切な治療をするかにかかっています。そういったことから、ER(救急外来)も2階病棟で兼務し、救急搬送された患者さまへの適切な治療がスムーズに行えるようにしています。
私達は、急性期病棟のスタッフとして安全で迅速な対応・的確な判断が求められ、その重さを噛みしめつつ日々の自己研鑚に励んでいます。
また、患者さまが超急性期の危機的状態を脱し、徐々に回復されていく姿をみる喜びはひとしおで、『看護』を実感できる病棟だと思っています。
毎朝、医師・看護師・ソーシャルワーカー・リハビリスタッフ・薬剤師・栄養士と共に、回診を行い、患者さまの病状経過に沿って治療方針やリハビリを検討し早期離床を目指しています。
楽しく、やりがいのある職場づくりを目標に、これからも『思いやり』の心を持ち、他部署との連携を大切に、より良いチーム医療を提供できるように、努力していきたいと思います。

2F病棟

3階病棟 看護主任 利川 真由美

3階病棟は39床の回復期病床を有しています。
充実した体制で医学的処置の必要性が高い患者様を受け入れ 身体機能の改善や在宅復帰を行っていると評価され 平成27年5月1日に回復期リハ病棟入院料1を取得致しました。 予期せぬ病気発症により急性期病棟での集中治療を経ても 心身のダメージが大きく残ってしまい 入院前の生活に戻ることが困難なことがあります。
それらを踏まえ回復期病棟では患者様に対し 充実したリハビリにより日常的な食事・歩行・排泄・入浴等の日常生活動作の改善をはかり、患者様や家族様の精神的・身体的サポートを行うため、定期的なカンファレンスを行っています。
医師、リハビリセラピスト、看護師、メディカルソーシャルワーカーと連携し全力で支援させて頂きます。

外来 坂口 昌美

外来 坂口 昌美

当院の外来は、脳神経外科を中心に、脊椎センター・循環器内科・総合内科の診察をはじめ、パーキンソン病・認知症に対応した神経内科や、頭痛学会専門医師による頭痛外来、脳腫瘍に対するセカンドオピニオンも積極的に受け入れております。また、脳卒中の予防には欠かせない糖尿病専門外来、禁煙外来、ペースメーカー外来、痙縮に対するボトックス外来等の専門外来も充実しております。
当院を頼りにして下さる鶴見区を中心とした近隣の皆様を家族同様に受け止め、安全を納得して頂ける看護を目指して日々邁進しています。 笑顔と思いやりを大切にしおひとりおひとりに合った治療を一緒に考え、医師・看護師を含むコメディカルの連携を密に取り合い、診療に携わっています。おひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

緒方 四江

手術室 緒方 四江

藍の都脳神経外科病院では、脳外科専門病院として、24時間常に高度で最新の医療活動を行っています。
救急・手術・カテ室部門では、超急性期における救急外来から手術室・カテ室での緊急手術・血管内治療と迅速に医師の診療活動を支え、患者さんの安全を第一に考え、看護を提供しています。専門性が高く、高度な知識と行動力が求められますが、高い達成感と実りの多い部門と考え、スタッフ一同 日々邁進しています。
私どもの活動が一人でも多くの患者さんの幸せな人生の貢献していくよう、努力し続けています。

2階病棟 看護主任 河端 智一

2階病棟 看護主任 河端 智一

藍の都脳神経外科病院は、鶴見区をはじめ近隣地域の超急性期の脳卒中や頭部外傷など24時間体制で年間約1000件以上の救急搬送を受け入れています。
当院は2階病棟の中に「ER(救急外来)」があり、ERでの入院から退院までの一貫した看護を提供し、患者様の回復過程を看ることができる病棟です。
ERも病棟も患者様に安全・安心のいく看護を日々心掛けています。
また、職場環境も大切にしています。
「アットホームで家庭的な病棟」を目指し、スタッフが一つになり助け合い、和気あいあいとした環境の中で看護に携わることで、患者様にも自然と笑顔になり良い看護が提供することができると感じています。

看護部副主任 札野 富夕(2階病棟)

看護部副主任 札野富夕 (2階病棟)

SCU(脳卒中ケアユニット)は、脳卒中の中でも集中管理が必要な重症患者を受け入れる病棟です。例えばクモ膜下出血では、術後2週間程度は血管攣縮のリスクが高いとされており、常に看護師が細やかな観察を行い、異常を見逃さない事が大切であると日々感じています。それが早期治療につながり、社会復帰に直結するからです。
しかし後遺症として高次脳機能障害がある場合も少なくないので、患者様の回復過程に沿って、様々な職種が協働することで患者本位のチーム医療を提供できると感じています。

これからも専門職としての自覚と責任を持ち、患者様の意思を尊重し、思いやりの心を持ち質の高い看護を提供できるよう努力して参ります。

看護部副主任 渋谷 太一

看護部 副主任 渋谷 太一

2階病棟は、現在6名の男性看護師が在籍しています。SCU(脳卒中ケアユニット)と病棟、ER(救急外来)を兼務している為、大変ではありますが、それ以上にやりがいを感じる事が出来る病棟でもあります。脳卒中患者様の中には、脳梗塞発症4.5時間以内で、医師の許可があれば、rt-PA適応となり、早急にIVR(血管内治療)の運びとなります。その際は、時間を無駄にする事なく、医師、病棟看護師、手術室看護師、放射線技師がチーム一丸となり、患者様の治療に全力で挑んでいます。
看護師は女性の仕事というイメージが現在でも残っていますが、年々、男性看護師の人数も増えており、そのイメージを覆せるよう男性看護師間での情報交換や連携を強化し、率先して患者様により良い看護を提供出来るよう日々努力して参ります。

看護部副主任 山本希(2階病棟)

看護部副主任 山本希 (2階病棟)

2階病棟では、急性期看護と救急外来の兼務となっています。
ハードですがやりがいもある為、ママさんナースや脳外科初心者ナースも多く、家庭や子育てとの両立、プレッシャーなど、大変ではありますが、経験者ナースと共に頑張っています。
多方面で活躍したスタッフ個々の経験を生かし、安心して働きやすい環境を継続する事で、患者様により良い看護を提供できると感じています。
また、安心安全な診療、入院生活を送る事が出来るよう努めて参ります。

看護部副主任 内田妙香(3階病棟)

看護部副主任 内田妙香 (3階病棟)

3階病棟は、ママさんナースが多く家庭と仕事を両立しているスタッフが多くいます。スタッフ間で協力し合いながら、日々の業務に当たっています。また病棟全体で自然にコミュニケーションが取れており、雰囲気の良い職場です。
患者様に安心して入院生活を送って頂き、リハビリに積極的に取組んでもらえる様、日々笑顔で患者様と向き合うよう努力しています。

看護部副主任 湯浅 康代(外来)

看護部副主任 湯浅 康代(外来)

外来では、明るさをモットニーに和気あいあいとしています。
外来は病院の「玄関」であり、「顔」であります。
通院される皆様も笑顔で過ごして頂きたいと思っております。

患者様やご家族様の立場に立ち、安心して外来診察を受けて頂けるようにスタッフ一同皆様のお役に立ち魅力ある病院を目指して、多くの方々に貢献できる医療サービスを提供していけるよう努力して参ります。

2階SCU脳卒中ケアユニットリニューアルのお知らせ

開院5周年

この度、開院5周年記念事業の一環として、SCU脳卒中ケアユニットの病室をアップグレードさせていただきました。
新しくなった設備で、皆様に今まで以上に良い看護サービスを提供してまいりますの で、今後とも当院をよろしくお願いいたします。

写真一覧
写真一覧

回診の様子

回診の様子
回診の様子
回診の様子
回診の様子

看護部教育担当

平成26年2月25日 急変対応について(挿管介助について)  ◆講師 看護師 河端 智一

平成26年10月16日 嚥下のしくみと介入方法について ◆講師 リハビリテーション部 寺岡敦司

平成27年1月27日 看護部勉強会 クモ膜下出血について ◆講師 佐々木庸院長

平成27年6月16日/平成27年6月17日 看護部勉強会 心カテ・心電図について ◆講師 山平浩世循環器内科部長

看護師の業務

日勤
8:45〜 朝礼
9:00〜 環境整備
点滴準備
保清ケア
10:00〜 検温
11:00〜 BS測定/昼食前薬投薬
12:00〜 夕食配膳/食事介助/下膳
食後薬  与薬
オーラルケア
14:00〜 経管栄養  注入器具回収
16:00〜 午後の点滴実施
最終部屋周り
16:45〜 夜勤への申し送り
夜勤
16:30〜 申し送り
17:00〜 BS測定/夕食前薬投薬
18:00〜 夕食配膳/食事介助/下膳
21:00〜 消灯
記録
23:00〜 ドレーンバック交換準備
0:00〜 尿量・ドレーン測定
5:00〜 経管栄養準備
採血測定
7:00〜 モーニングケア
8:45〜 朝礼
▲Page Top
HOME サイトマップ お問い合わせ mail:hosp@ainomiyako.net