医療法人啓光会
藍の都脳神経外科病院
AINOMIYAKO NEUROSURGERY HOSPITAL
救急病院認定/365日24時間対応
平成24年11月1日SCU(脳卒中ケアユニット)開設予定
  • 当院について
    • 院長挨拶
    • 院長略歴
    • 病院理念
    • 届出済施設基準
    • 受付
    • 待合室
    • ナースステーション
    • 手術室
    • 血管造影室
  • 当院の特徴
  • 医師のご紹介
  • 入院について
  • 部門紹介
    • 看護部
    • 看護部教育担当
    • 放射線部
    • リハビリテーション部
    • 薬剤部
    • 臨床検査部
    • 栄養部
    • 医事課
    • 地域連携室
    • 居宅介護支援事業部
  • 外来診察案内
  • 緊急超急性期高度治療への取組
  • 高度専門的治療への取組
    • 頭蓋内コイル塞栓術
    • ステント留置術
    • 顕微鏡脳外科手術
    • ボトックス療法
    • PCI
    • ペースメーカー
    • 禁煙外来
    • ICPモニタリングシステム
    • AVM(脳動静脈奇形)塞栓術
    • d-AVF(硬膜動静脈瘻)
    • 術中ICG蛍光血管撮影
    • 術中神経モニタリング
  • 診療統計
  • 手術実績
  • 救急受け入れ実績
    • 平成23年度
    • 平成24年度
    • 平成25年度
    • 平成26年度
    • 平成27年度
    • 平成28年度
    • 平成29年度
    • 平成30年度
  • 脳ドック
  • ボトックス
  • 肉毒杆菌
  • TMS
  • NCDへの参加について
  • 病院パンフレット
  • 広報誌
  • お問い合わせ
脳卒中センター
SCU 脳卒中ケアユニット
脳神経外科専門外来
緊急超急性期高度治療への取組
もの忘れ・水頭症外来
ボトックス外来
最先端リハビリテーション
中国語英語対応スタッフ
杭州  佐々木脳卒中リハビリセンター
NASVA
病院情報の公表
回復期リハビリテーション
地域連携室
居宅介護支援事業部
研修会・研究論文・学会業績
当院の取り組み
頭を打った時は
交通・アクセス
スタッフ募集
医療法人啓光会 藍の都脳神経外科病院
大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号
TEL:06-6967-7727
mail:hosp@ainomiyako.net
QRコード
AMDAこども病院

国際貢献活動(中国への技術支援)

中国に最新式の脳卒中リハビリ 専門センターを作ることを目的に当法人 と和康医療集団で 合作 会社を設立しました。

頚動脈に対するステント留置術

外観:杭州九和病院に当センターを日中合作で開設することになりました。

頚動脈に対するステント留置術

佐佐木脳康复中心のリハビリテーション室。
天井懸架式歩行レールなどのリハビリテーション機器を導入しています。今後、最新のリハビリ機器を導入し、藍の都 Style のリハビリが中国でも 提供できる 施設を目指します。

佐佐木脳康复中心の主要な中国スタッフは、日本式を取り入れるために、日本でのトレーニングを推奨しています。
「中国でも藍の都水準の脳卒中リハビリテーションを!」を合言葉に、国際貢献事業として日々精進してまいります。

ご挨拶

佐佐木脳康复中心 責任者
理学療法士 西岡 将

少子高齢化は日本だけではなく、世界的に深刻な問題となっています。高齢化が進めば、当然増えてくるのが成人病です。そして成人病の慣れの果てである心臓や脳の血管障害が、これまで以上に増えてきます。そこで問題となってくるのがリハビリテーション医療です。中国ではリハビリテーション医療が、先進諸国に比べ遅れているため、近年、最先端リハビリテーションの招致や技術指導依頼を目的とした訪日が増えてきています。その使節団として、2018年夏に当院にお越しになったのが、今回の合作会社のパートナーである和康グループでした。
和康グループは、杭州市を中心に近隣都市も含め、平均500百床クラスの病院を約17箇所経営しています。彼らは、中国でリハビリテーションを早くから導入し、力を入れてきたグループです。しかし、最先端のリハビリテーション導入もさることながら、中国は現在療法士育成に向けた制度設計中であり、日本では当たり前になっている専門性の部分に私は疑問を感じました。

私は理学療法士になって8年目になりましたが、それでも日々勉強が必要です。理学療法は非常に奥深く、一生をかけて学ぶべき学問であると痛感しています。日本では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の専門職を3職種に分け、その専門性を高めるようなシステムになっています。しかし、中国ではリハビリテーションという概念が生まれたばかりで、一つの職種が3職種の役割を全て担うという体制になっています。先ずは、そこから改善し、より専門性

の高い療法士の育成をと考えています。また、日本で培った最先端リハビリテーション機器やボツリヌス治療についても積極的に導入し、中国のリハビリテーション医療の発展に微力ながら貢献できればと考えています。
藍の都Styleの脳卒中リハビリテーションを導入するために、中国の看護およびリハビリテーションスタッフを日本へ招聘し、藍の都脳神経外科病院で研修を行っています。「中国でも藍の都水準の脳卒中リハビリテーションを!」を合言葉に、様々な経験を通して研鑽していただいています。
中国で、ご知人やご家族の方が脳卒中リハビリテーションでお困りの際は、中国浙江省杭州市の九和医院佐佐木脳康复中心佐々木脳卒中リハビリテーションセンターへご相談頂けますと幸いです。また、日本の皆様へは中国スタッフの研修などでご協力いただくことが御座いますが、何卒宜しくお願い致します。

NEWS

土海看護師長、札野主任が看護の指導に行きました。(2019/10/29)

杭州佐佐木脳康复中心で第一回目のボツリヌス治療を行いました。(2019/9/9)

アジア太平洋地域のリハビリテーションと医療フォーラムにおいて、当院佐々木理事長と長谷川名誉院長が講演しました。(2019/9/8)

杭州佐佐木脳康复中心が日本外務省の視察を受けました。(2019/9/3)

ボツリヌス治療の予約を開始しました。(2019/8/22)

杭州佐佐木脳康复中心の開院式が開催されました。(2019/7/29)

佐々木理事長が中国浙江省の脳神経外科医へ、最新の脳卒中治療について講演しました。(2019/7/28)

杭州佐佐木脳康复中心に第一号の患者様が入院されました。(2019/7/22)

杭州佐佐木脳康复中心に第一号の患者様が入院されました。(2019/7/22)

▲Page Top
HOME サイトマップ お問い合わせ mail:hosp@ainomiyako.net