医療法人啓光会
藍の都脳神経外科病院
AINOMIYAKO NEUROSURGERY HOSPITAL
救急病院認定/365日24時間対応
平成24年11月1日SCU(脳卒中ケアユニット)開設予定
  • 当院について
    • 院長挨拶
    • 院長略歴
    • 病院理念
    • 届出済施設基準
    • 受付
    • 待合室
    • ナースステーション
    • 手術室
    • 血管造影室
  • 当院の特徴
  • 医師のご紹介
  • 入院について
  • 部門紹介
    • 看護部
    • 看護部教育担当
    • 放射線部
    • リハビリテーション部
    • 薬剤部
    • 臨床検査部
    • 栄養部
    • 医事課
    • 地域連携室
    • 居宅介護支援事業部
  • 外来診察案内
  • 緊急超急性期高度治療への取組
  • 高度専門的治療への取組
    • 頭蓋内コイル塞栓術
    • ステント留置術
    • 顕微鏡脳外科手術
    • ボトックス療法
    • PCI
    • ペースメーカー
    • 禁煙外来
    • ICPモニタリングシステム
    • AVM(脳動静脈奇形)塞栓術
    • d-AVF(硬膜動静脈瘻)
    • 術中ICG蛍光血管撮影
    • 術中神経モニタリング
  • 診療統計
  • 手術実績
  • 救急受け入れ実績
    • 平成23年度
    • 平成24年度
    • 平成25年度
    • 平成26年度
    • 平成27年度
    • 平成28年度
    • 平成29年度
  • 脳ドック
  • ボトックス
  • 肉毒杆菌
  • TMS
  • NCDへの参加について
  • 広報誌
  • お問い合わせ
中国語英語対応スタッフ
脳卒中センター
SCU 脳卒中ケアユニット
脳神経外科専門外来
緊急超急性期高度治療への取組
もの忘れ・水頭症外来
ボトックス外来
最先端リハビリテーション
医療観光
NASVA
病院情報の公表
回復期リハビリテーション
地域連携室
居宅介護支援事業部
研修会・研究論文・学会業績
当院の取り組み
頭を打った時は
交通・アクセス
スタッフ募集
医療法人啓光会 藍の都脳神経外科病院
大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号
TEL:06-6967-7727
mail:hosp@ainomiyako.net
QRコード

訪問リハビリテーション

目的

一人でトイレに行く、調理をするといった日常生活の動作ができないという方に、ご本人が自立して生活できるよう、訓練する事をリハビリテーションといいます。
訪問リハビリテーションでは、住み慣れたご自宅に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが訪問しリハビリを行います。
生活場面で、動作訓練を行う事で自立した動作を獲得しやすいという特徴があります。

訪問リハビリテーションをうけるには

対象者は病状が安定しておりリハビリテーションが在宅で必要であると、かかりつけ医に認定された方です。
訪問リハビリテーションを受けるためには、かかりつけ医の紹介状、かかりつけ医が必ず必要となりますので、まずはかかりつけ医に相談してみましょう。

どういうことをするのか

生活動作を行う為の訓練

ご利用者が脳血管障害や神経症などで身体にまひが残っている場合、食事、排せつ、入浴などの訓練を行います。

身体の機能維持回復訓練

腰やひざの痛みによって生活が困難な方に、順を追って少しずつ関節を動かせるように訓練をします。

補助具や福祉用具の助言

生活をより安全におくるために、杖や車椅子、ベッドなどの福祉用具の選定や使用するベッドの高さや手すりの取り付け位置など環境の整備に関するアドバイスを行います。

他にも、家族の方の希望があればご本人の介助方法のアドバイスを受けることができます

介護保険を利用した場合の基準利用料

1回20分:302単位(必要に応じて、1日の回数は異なります)
短期集中加算(退院・退所・増悪による再認定日):3ヵ月以内200単位

営業日と時間について

12月31日〜1月3日までの年末年始の休暇を除く、月〜金曜日で対応させていただいています(祝祭日も営業)。
土曜日のご利用に関してましては要相談です。

▲Page Top
HOME サイトマップ お問い合わせ mail:hosp@ainomiyako.net