医療法人啓光会
藍の都脳神経外科病院
AINOMIYAKO NEUROSURGERY HOSPITAL
救急病院認定/365日24時間対応
平成24年11月1日SCU(脳卒中ケアユニット)開設予定
  • 当院について
    • 院長挨拶
    • 院長略歴
    • 病院理念
    • 届出済施設基準
    • 受付
    • 待合室
    • ナースステーション
    • 手術室
    • 血管造影室
  • 当院の特徴
  • 医師のご紹介
  • 入院について
  • 部門紹介
    • 看護部
    • 看護部教育担当
    • 放射線部
    • リハビリテーション部
    • 薬剤部
    • 臨床検査部
    • 栄養部
    • 医事課
    • 地域連携室
    • 居宅介護支援事業部
  • 外来診察案内
  • 緊急超急性期高度治療への取組
  • 高度専門的治療への取組
    • 頭蓋内コイル塞栓術
    • ステント留置術
    • 顕微鏡脳外科手術
    • ボトックス療法
    • PCI
    • ペースメーカー
    • 禁煙外来
    • ICPモニタリングシステム
    • AVM(脳動静脈奇形)塞栓術
    • d-AVF(硬膜動静脈瘻)
    • 術中ICG蛍光血管撮影
    • 術中神経モニタリング
  • 診療統計
  • 手術実績
  • 救急受け入れ実績
    • 平成23年度
    • 平成24年度
    • 平成25年度
    • 平成26年度
    • 平成27年度
    • 平成28年度
    • 平成29年度
  • 脳ドック
  • ボトックス
  • 肉毒杆菌
  • TMS
  • NCDへの参加について
  • 広報誌
  • お問い合わせ
脳卒中センター
SCU 脳卒中ケアユニット
脳神経外科専門外来
緊急超急性期高度治療への取組
ボトックス外来
最先端リハビリテーション
医療観光
NASVA
病院情報の公表
回復期リハビリテーション
地域連携室
居宅介護支援事業部
研修会・研究論文・学会業績
当院の取り組み
頭を打った時は
交通・アクセス
スタッフ募集
医療法人啓光会 藍の都脳神経外科病院
大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号
TEL:06-6967-7727
mail:hosp@ainomiyako.net
QRコード

顕微鏡外科手術

脳動脈クリッピング術(手術顕微鏡を用いたマイクロサージャリー)の様子

マイクロサージャリー

マイクロサージャリーとは、通常の手術とは異なり、顕微鏡を覗きながら手術部位を拡大観察し、特殊な器具を用いて血管、神経等の微細吻合および縫合等行い、また低侵襲にて組織の損傷も少なく安全で正確な治療を行う術式です。

脳動脈瘤

脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)とは、脳動脈の中でも脳底部を走行する直径1〜6ミリ程度の血管にできた、コブの様に、あるいは、紡錘形にふくれた部分のことをいいます。
脳動脈瘤は人口の2〜6%に見つかりますが、無症状の場合が多く、脳ドックなどでMRI検査を受け、初めて見つかることがほとんどです。
脳動脈瘤でもっとも問題になるのは、動脈瘤が破裂し、くも膜下出血を起こす可能性があることです。
破裂した場合、約半数は即死あるいは昏睡状態におちいり、辛うじて病院に搬入されて最善の治療を受けたとしても、病前の状態で社会復帰可能なのは、約25%にすぎません。

脳動脈瘤

未破裂脳動脈瘤の治療法

未破裂脳動脈瘤の破裂を防止する治療法としては、治療方針として経過観察を行うか、手術的治療による開頭によるクリッピング術と血管内手術によるコイル塞栓術があります。

脳動脈瘤クリッピング術

脳動脈瘤クリッピング術脳動脈瘤治療の最も一般的な手術です。
全身麻酔をかけ、頭皮を切開し、頭蓋骨をはずし、顕微鏡を使って、脳動脈瘤に接近します。
動脈瘤に洗濯ばさみのような「クリップ」をかけることにより、脳動脈瘤に血流が入らないようにし破裂を予防します。

コイル塞栓術

コイル塞栓術患者さんへの負担は少ない治療法なので、高齢者や全身合併症のある患者さん、脳動脈瘤の部位が、開頭手術では到達しにくい場合に適応となります。
局所麻酔で細いカテーテルを脳動脈瘤の中まで誘導し、コイルを使って脳動脈瘤の内側から詰めてしまうことで、脳動脈瘤に血流が入らないようにします。
▲Page Top
HOME サイトマップ お問い合わせ mail:hosp@ainomiyako.net