医療法人啓光会
藍の都脳神経外科病院
AINOMIYAKO NEUROSURGERY HOSPITAL
救急病院認定/365日24時間対応
平成24年11月1日SCU(脳卒中ケアユニット)開設予定
  • 当院について
    • 院長挨拶
    • 院長略歴
    • 病院理念
    • 届出済施設基準
    • 受付
    • 待合室
    • ナースステーション
    • 手術室
    • 血管造影室
  • 当院の特徴
  • 医師のご紹介
  • 入院について
  • 部門紹介
    • 看護部
    • 看護部教育担当
    • 放射線部
    • リハビリテーション部
    • 薬剤部
    • 臨床検査部
    • 栄養部
    • 医事課
    • 地域連携室
    • 居宅介護支援事業部
  • 外来診察案内
  • 緊急超急性期高度治療への取組
  • 高度専門的治療への取組
    • 頭蓋内コイル塞栓術
    • ステント留置術
    • 顕微鏡脳外科手術
    • ボトックス療法
    • PCI
    • ペースメーカー
    • 禁煙外来
    • ICPモニタリングシステム
    • AVM(脳動静脈奇形)塞栓術
    • d-AVF(硬膜動静脈瘻)
    • 術中ICG蛍光血管撮影
    • 術中神経モニタリング
  • 診療統計
  • 手術実績
  • 救急受け入れ実績
    • 平成23年度
    • 平成24年度
    • 平成25年度
    • 平成26年度
    • 平成27年度
    • 平成28年度
    • 平成29年度
  • 脳ドック
  • ボトックス
  • 肉毒杆菌
  • TMS
  • NCDへの参加について
  • 広報誌
  • お問い合わせ
脳卒中センター
SCU 脳卒中ケアユニット
脳神経外科専門外来
緊急超急性期高度治療への取組
ボトックス外来
最先端リハビリテーション
医療観光
NASVA
病院情報の公表
回復期リハビリテーション
地域連携室
居宅介護支援事業部
研修会・研究論文・学会業績
当院の取り組み
頭を打った時は
交通・アクセス
スタッフ募集
医療法人啓光会 藍の都脳神経外科病院
大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号
TEL:06-6967-7727
mail:hosp@ainomiyako.net
QRコード

spasticityタイトル

初代センター長

spasticity_img05

アジア医療貢献室 室長 胡春

spasticity_img05

副センター長

spasticity_img05

担当医 小林

spasticity_img05

担当医 鈴木 聡

spasticity_img05

担当作業療法士 唐渡 弘起

spasticity_img05

担当理学療法士 西岡 将

spasticity_img05

脳卒中は日本国内において年間30万人が発症し、300万人以上の方々が何らかの障害を有しながら生活を送られていると厚生労働省の調査で明らかになっています。痙縮は脳卒中全体の4割に発生すると言われており、運動機能を回復させる阻害因子となっている事が多いと言われています。痙縮とは錐体路と呼ばれる意識的な筋肉の収縮や運動を起こす際の経路である錐体路の異常である。Lanceは痙縮を「腱反射亢進を伴った緊張性伸張反射の速度依存性増加を特徴とする運動障害で、伸張反射の亢進に生じる上位運動ニューロン症候群の一徴候」と定義している。つまり、筋肉や腱を急激に伸張させると反射的に強く力が入ってしまうことや、意識して動かそうとすればするほど力が入り筋肉を強ばらせて動かし難くなるという特徴があります。つまり、不慣れで困難な動作であればあるほど筋肉が強ばります。そのため、歩行や階段昇降などの不安定な動作時に特に強く出現しやすい。これらの事が原因となり、実際に日常生活動作能力を制限していることはよくあります。
痙縮治療は従来型の徒手的なリハビリテーションだけでは劇的変化を起こすことはほとんどなく、中等度以上の痙縮が発生した時点で、運動機能やADLの回復が困難となるケースが非常に多いです。そのため、下肢は制限や制動付の装具で補い歩く以外方法は無く、上肢に関しては下肢に比べ緻密な作業能力が求められる為、殆どのケースが廃用手もしくは補助手になっていました。
しかし、近年、ボツリヌス療法やITB療法などの痙縮治療薬の出現や、反復経頭蓋磁気刺激療法(repetitive transcranial magnetic stimulation : rTMS)による頭部を傷つけることなく、直接的に大脳皮質の神経可塑性調整(Neural plasticity modulation、以下NPM)ができる医療機器などの登場により、痙縮の治療が可能となりました。治療回数には個人差はありますが、なかには痙縮を改善しただけで著しく運動機能の回復を認めることもあります。さらに上質で集中的なリハビリテーションや機能的な装具療法などを併用することで、より効果的な機能とADLの回復を促すことが可能です。
以上の事から、当センターでは、痙縮治療とリハビリテーションを併用することをお勧めしていますが、症状に応じて治療方法は選択しています。場合によっては入院加療が必要となる事もございます。また、効果については症状によって差はございます。ご理解のほど宜しくお願い致します。ご不明な点等御座いましたらお気軽にご相談ください。

痙縮治療について

痙縮治療についてイメージ

当院では3つの痙縮治療(図1.参照)を実施しています。

.椒張螢魅肯屠

局所的な痙縮治療を行う際に有効性が高いと言われています。本邦では2010年10月より保険適応となり、痙縮筋に直接注射をして末梢神経終末の脳化学伝達物質の放出を止めることが目的に行います。個人差はありますが効果は当日より現れ、3カ月程度効果が持続すると言われています。

ボトックス後のリハビリプログラム
詳細はこちら

ITB( intrathecal baclofen therapy)療法

重度痙性麻痺に対して、本邦では2006年4月に医療保険での適応となっています。ITB療法には、持続施注用のポンプの埋め込みが必要となります。2〜3ヶ月に1度薬剤の補充が必要であり、ポンプの電池寿命は5〜7年とされています。電池の交換には手術が必要となります。

spasticity_img04

rTMS(repetitive transcranial magnetic stimulation反復気頭蓋磁気刺激)

脳卒中の回復過程で起こる大脳皮質間の解放現象を起因とする。大脳皮質の興奮のアンバランスを調整する。頭を傷つけずに、直接的に脳へ磁気刺激を与える事ができます。脳卒中においては上肢・手指機能において効果が出やす く、他にも急性期〜回復期段階の下肢機能、半側空間無視、失語症などにも効果を認めるという報告がされています。

spasticity_img05
詳細はこちら
▲Page Top
HOME サイトマップ お問い合わせ mail:hosp@ainomiyako.net