ニューロリハビリテーションセンター・リハビリテーション科

ニューロリハビリテーションセンター・リハビリテーション科

脳科学に基づいた次世代型リハビリテーションで積極的に機能回復を目指します!!

ニューロリハビリテーションとは、最新脳科学に基づいた医学的根拠の高い脳卒中リハビリテーションの総称です。近年、脳画像解析や様々なリハビリ関連機器、薬剤等の進歩により、リハビリテーションの選択肢も大きく変化し、脳卒中リハビリテーションの領域は、徒手療法を中心とした時代から、様々な道具を併用する次世代型リハビリテーションへと進化しています。

NEURO®(rTMSと集中的リハビリテーション)

脳の可塑性(脳が環境合わせて変化する力)を調節し回復を促す最新リハビリテーション!

脳の可塑性は、様々な刺激によって引き起こされます。その現象を強化し、脳卒中リハビリテーション用に臨床応用したものがNEURO®です。rTMSと呼ばれる磁気刺激が発生する専用のコイルを頭の外側から当てて大脳の関連領域を直接刺激し、脳の可塑性が強化されやすい環境下で集中的リハビリテーションを行うことで、より脳の機能回復を高める脳卒中リハビリテーションです。当院では、NEURO®の開発者である東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座主任教授 安保雅博先生のご指導のもと、日本Stimulation Therapy 学会より認定を受けた日本でも数少ないNEURO®実施病院です。NEURO®は、脳卒中後の上下肢運動麻痺、失語症等に様々な効果が期待される最先端ニューロリハビリテーションです。


ニューロリハビリテーションセンター
原 寛美 顧問

ニューロリハビリテーションの大家。拡散テンソル脳画像解析、rT MSやボツリヌス治療、装具療法などを用いた機能改善のスペシャリスト。

ニューロリハビリテーション科/麻酔科 科長 丹羽 陽児

丹羽 陽児

院内職位および担当

  • ニューロリハビリテーション科/麻酔科
  • 外来担当日:火・金

資格

  • 麻酔科学会専門医・指導医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本リハビリテーション医学会

経歴

  • 大阪大学 医学部 卒業
  • 大阪大学医学部附属病院 麻酔科
  • 大阪急性期総合衣医療センター 麻酔科
  • 守口敬仁会病院 麻酔科
  • 大阪急性期総合医療センターリハビリテーション科兼麻酔科

専門分野

  • 麻酔科指導医として長らく第一線でご活躍される傍ら、ニューロリハビリテーション(神経の回復を特に強く誘発する最新のリハビリを意味します。)の実施にも貢献されています。
    当院ではtMS(経頭蓋磁気刺激療法)、TDCS(経頭蓋電気刺激療法)やボツリヌス痙縮療法に主に参加されています。

〒538-0044 大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号

日本脳神経外科学会専門医研修プログラム研修施設
  • 公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院連携施設
  • 滋賀医科大学医学部付属病院関連施設
日本脳卒中学会認定教育病院
大阪府災害医療協力病院
 
9:00~12:00
(受付 8:45~11:30)
-
14:00~17:00
(受付 13:30~16:30)
--
<受付・診療時間>
 診療日  : 月曜日~土曜日(土曜日は午前中診療)
 受付時間 : 午前 8:45~11:30 午後 13:30~16:30
 診療時間 : 午前 9:00~12:00 午後 14:00~17:00
<面会時間>
 一般病棟:
  平日 午後14:00~20:00 / 土日祝 午前11:00~20:00
 SCU(脳卒中ケアユニット)・ICU(集中治療室):
  平日 午後14:00~15:00 / 午後19:00~20:00
PAGE TOP