手術実績

主な手術症例数 2019年
1月~12月
開院からの総数
2011年7月~2019年12月
経皮的血栓回収術 35件 187件
経皮的頚動脈ステント留置術/脳動脈瘤コイル塞栓術 38件 355件
脳動脈瘤頚部クリッピング術/開頭血腫除去術 37件 344件
脳腫瘍/脳動静脈奇形/微小血管減圧術 7件 69件
水頭症手術/ITB療法髄腔内持続注入用埋込型ポンプ設置術 16件 296件
脊椎・脊髄手術 107件 891件
頭部外傷(慢性硬膜下血腫/他) 66件 634件
主な手術外症例数 2019年
1月~12月
開院からの総数
2011年7月~2019年12月
t-PA治療 43件 307件
ボツリヌス治療 546件 2,742件

手術実績

高難度な内頚動脈内側微小脳動脈破裂に対し、高性能のマイクロバルーンを併用し安全な動脈瘤コイル塞栓術を実施しています。


[小林 副部長執刀、佐々木 院長指導、矢野 副部長指導、森田 副部長アシスト]

 

内頚動脈瘤でも小さいサイズで、しかも内側に向いている動脈瘤は、極めて難易度が高いとされています。

 

[ 術前検査所見で内頚動脈内側部に微小な脳動脈瘤を確認 ]

 

当院では複数の脳血管内手術専門医の協力で、4mm径の拡張形状がフレキシブルなタイプの高性能マイクロバルーンを使用して安全なコイル塞栓を実施しています。

 

[ 高性能4mm径バルーン拡張下でのコイル塞栓 正面、側面 ]

 


[コイル塞栓で完全閉塞した脳動脈瘤]

 


[岩崎名誉院長監修、奥谷放射線科次長バックアップ]

 

岩崎名誉院長(元北野病院主任部長)の執刀の元、三叉神経痛微小血管減圧術、顔面痙攣微小血管減圧術を積極的に実施、開始しています。

微小脳血管減圧術において、当院では安全に手術を実施するため、手術前にCTによる造影検査を実施し、手術野に露出する横静脈洞からS状静脈を確認して、その上で開頭を実施します。

 

三叉神経痛への微小脳血管減圧術について

 


[造影CTによる横静脈洞からS状静脈]

 


[実際の開頭部分]

 

術中は検査部の参加の下、ABR monitorを実施します。
これにより、手術部分近傍のもっとも弱い顔面神経や聴神経への圧迫や損傷を未然に防ぐことができます。

 


[検査部による術中ABRモニター風景]

 


[顕微鏡下手術風景 岩崎 名誉院長 執刀 佐々木 院長 第1アシスト、森田Dr 第2アシスト]

 


[術中写真]

 

顕微鏡下で三叉神経痛の原因となっている三叉神経の脳幹からの出向部(LEZ)を圧迫している上小脳動脈SCA(赤丸)を確認します。

 


[術中写真]

 

この圧迫した血管を三叉神経から丁寧に外します。
そして圧迫部をしっかり解除します。(赤丸)
そして生理的組織接着剤を使用し、この血管の別の部分を硬膜に接着(黄色◯)して先の解除した状態を安定させます。
こういった手法をTrans position法と言います。
もっとも再発率が少ない手技ですので当院では岩崎 名誉院長のご指導のもと、優先的に実施しています。

 

 

なお、この症例においては不安定のため、念のため、圧迫血管と三叉神経の間にスポンジ(緑◯)をおく、interpositionという手法を合わせて追加しました。

 

 

Trans positionでは専用の微小キット(青◯)を使っています。
指で抑えてるところを押すと微量の生理的組織接着剤が出ます。深い術野にも入ります。

これは当院の岩崎 名誉院長が独自に開発され、広く普及しています。

 


[MRI写真 術前]

[MRI写真 術後]

 

術前MRI検査での圧迫(赤丸)が術後解除(青◯)されています。

 

顔面痙攣への微小脳血管減圧術について

顔面神経の近傍に聴神経があり、術中のABRモニタリングを正確に実施することで聴神経への損傷を最小限にする必要があります。

 

術中に熟練した検査技師によるABRモニターにより、手術操作による聴神経へのダメージを予見し、必要時は手術操作を一旦休止して聴神経の損傷を回避します。

 


[顕微鏡下手術風景 岩崎 名誉院長 執刀、佐々木 院長 第1アシスト、森田Dr 第2アシスト]

 


[術中写真]

 

顕微鏡下で顔面痙攣の原因となっている顔面神経の脳幹からの出向部(LEZ)を圧迫している椎骨動脈(赤丸)を外し、さらにその奥で圧迫していたもう一本の後下小脳動脈(赤丸)を確認し、慎重に外します。

 


[術中写真]

 

出向部(LEZ)を圧迫していた椎骨動脈(赤丸)、後下小脳動脈(赤丸)を完全に外し、生理的組織接着剤を使用してこの血管の別の部分を硬膜に接着(黄色◯)して先の解除した状態を安定させます。
これにより出向部(LEZ)が完全に解除(青丸)されています。
こういった手法をTrans position法と言います。
もっとも再発率が少ない手技で当院では岩崎 名誉院長のご指導のもと、優先的に実施しています。

 

脳血管障害で最も難易度の高い脳動静脈奇形(AVM)に対して総手術時間30時間に及ぶ脳血管内塞栓術および顕微鏡下開頭術を実施しました。

[矢野 副部長執刀、川西正彦准教授指導 血管内Onyx塞栓術術中風景]

 

脳動静脈奇形(AVM)は極めて高度な脳血管内手術による最新塞栓物質Onyxを駆使した塞栓術を必要とします。この度は当院AVM担当班長である矢野 達也 副部長の執刀にAVM治療の第一人者である香川大学准教授川西正彦先生に指導来院頂きました。

 


[モニター室アシスト風景 佐々木 院長小林 副部長、奥谷放射線部科長]
 

また脳塞栓術後には最新術中ナビゲーションシステムを駆使した顕微鏡下手術による開頭AVM摘出術を実施、総時間30時間の手術を安全に実施しました。

 


[矢野 達也 副部長執刀、川西准教授指導 佐々木 庸 院長アシスト ナビゲーション下顕微鏡開頭術中風景]

 


[術前AVM全景]
 

[術後MRI]
 

 

当院循環器チームは大腿動脈解離に対しステント治療を実施しています


[循環器カテーテル治療風景 山平 部長 執刀 アシスト 佐々木 院長森田 副部長]
 

脳梗塞や脳出血などの脳卒中疾患を発症した患者様は全身の動脈硬化が既に大きく進行していることがあります。

このため、当院循環器診療(山平 浩世 部長)や、大阪市総合医療センター循環器チーム(当院 土曜日に特別外来を実施いただいています)の検査で判明することもあれば、脳血管内手術治療の折に合併症として発生することもあります。

この解離においては循環器カテーテルチームによるステント治療が有効で、短時間で実施できるうえ、後遺症が少なく安全性が高い特徴があります。

 


[大腿動脈の解離部分(赤丸)]
 

[ステントを留置(赤丸)]
 

[ステント治療後に血流正常化した大腿動脈]
 

 

心疾患合併の頸動脈狭窄の患者様に心臓カテーテル検査と頸動脈ステント治療を同時に実施しています。


[山平 循環器部長による心臓カテーテル検査 、森田 副部長アシスト]
 

狭心症など心臓循環器疾患を合併している頸動脈重度狭窄症の患者様に対し、当院では循環器カテーテル科と脳血管内治療科が合同で治療にあたっています。

 


[心臓血管造影]
 

同時に心臓カテーテル検査を実施したり、体外式一時心臓ペーシング装置の装着など、これにより患者様への負担を大きく軽減できます。
 


[森田 副部長 執刀 頸動脈ステント術 小林 副部長アシスト、佐々木 院長指導]
 

今後も当院ではより安全な治療実施を患者様に提供できるよう日々工夫を凝らし研鑽してまいります。

 


[ステント実施前の重度狭窄内頸動脈]
 

[ステント後拡張した内頸動脈 1]
 

[ステント後拡張した内頸動脈 2]
 

 

脳動脈瘤コイル塞栓術は最新のデバイスを使用し安全に実施しています


[佐々木 院長執刀、関西ろうさい病院 豊田 真吾 部長ご指導、小林 副部長アシスト]

 

先日脳動脈瘤の塞栓術で難易度の高いStent assist coilingを実施しました。
塞栓コイルにHydrocoil という最新のデバイスを使用しています。

 


[佐々木 院長執刀、関西ろうさい病院 豊田 真吾 部長ご指導、小林 副部長アシスト]

 

このような難易度の高い脳動脈瘤手術の実施においてはトップエキスパートの関西ろうさい病院 豊田 真吾 先生に手術に参加頂き直接ご指導いただいています。

(文責:脳動脈瘤/頸動脈ステント術治療班 班長 佐々木 庸)

 


[ステントアシストを最新のhydoro coilで実施]

[塞栓完了後 脳動脈瘤]

 

神経内視鏡導入後3例目の手術を実施しました


[森田副部長執刀、山下救急部長 アシスト 手術風景]

 

最新の技術である神経内視鏡手術を本年2月に導入して以来、内視鏡手術治療班長の森田副部長執刀(山下救急部長アシスト)で3例目となる症例を手術実施しました。

 


[森田副部長執刀、山下救急部長 アシスト 手術風景]

 


[術前CT]

[術後CT]

 

本年20件目の内頸動脈ステント術を実施しました。


[森田 副部長 執刀、矢野 副部長アシスト、佐々木 院長指導 術中風景]

 

内頸動脈狭窄症に対する手術治療である内頸動脈ステント術は安全性の高い手術で開院から200症例近く実施してきました。

本年20例目となるステント手術を実施しました。

 


[祖母井 先生執刀、矢野 先生指導、小林 先生アシスト 手術風景]

 


[ 術前 ]
重度狭窄

[ 術中 ]
フィルタープロテクション下血管拡張

[ 術後 ]
狭窄度改善

 

神経外視鏡導入後五例目の手術を実施しました

 

2020年2月に導入した外視鏡脳腫瘍手術に積極的に実施し五例目の実施をしました。

 

 

外視鏡は顕微鏡手術よりも仰ぎ見るような角度の視野が取りやすく、脳表近くの脳腫瘍摘出に効果を発揮します。

 


[術前]

[術後]

 

当院では従来の顕微鏡手術に加えこういった外内視鏡手術も積極的に実施しています。

 

 

佐々木 庸 院長執刀、指導に長谷川 洋 名誉院長、アシストに小林 紀方 副部長、森田 寛也 副部長 参加。

 

〒538-0044 大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号

日本脳神経外科学会専門医研修プログラム研修施設
  • 公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院連携施設
  • 滋賀医科大学医学部付属病院関連施設
日本脳卒中学会認定教育病院
大阪府災害医療協力病院
 
9:00~12:00
(受付 8:45~11:30)
-
14:00~17:00
(受付 13:30~16:30)
--
<受付・診療時間>
 診療日  : 月曜日~土曜日(土曜日は午前中診療)
 受付時間 : 午前 8:45~11:30 午後 13:30~16:30
 診療時間 : 午前 9:00~12:00 午後 14:00~17:00
<面会時間>
 一般病棟:
  平日 午後14:00~20:00 / 土日祝 午前11:00~20:00
 SCU(脳卒中ケアユニット)・ICU(集中治療室):
  平日 午後14:00~15:00 / 午後19:00~20:00
PAGE TOP