手術実績

主な手術症例数 2019年
1月~12月
2020年
1月~12月
開院からの総数
2011年7月~2020年12月
経皮的血栓回収術 35件 10件 197件
経皮的頚動脈ステント留置術
脳動脈瘤コイル塞栓術
38件 43件 398件
脳動脈瘤頚部クリッピング術
開頭血腫除去術
37件 10件 354件
脳腫瘍
脳動静脈奇形
微小血管減圧術
7件 12件 81件
水頭症手術
ITB療法髄腔内持続注入用埋込型ポンプ設置術
16件 17件 313件
脊椎・脊髄手術 107件 113件 1,004件
頭部外傷(慢性硬膜下血腫/他) 66件 60件 694件
主な手術外症例数 2019年
1月~12月
開院からの総数
2011年7月~2019年12月
t-PA治療 43件 307件
ボツリヌス治療 546件 2,742件

手術実績

“脳動脈瘤手術治療班からのお知らせ”二刀流での実施を柔軟に実施しています。

“脳動脈瘤手術治療班からのお知らせ”

二刀流での実施を柔軟に実施しています。

 

当院では脳動脈瘤に対し従来の開頭での顕微鏡下クリッピング手術だけでなく最先端の脳血管内手術コイル塞栓術の両方が実施できる、通称:二刀流の専門医を中心に手術を実施しています。

 

高難度の脳動脈瘤手術において豊田真吾先生(関西ろうさい病院主任部長:大阪大学)にご指導いただき実施した、佐々木院長執刀のコイル塞栓手術風景です。

[佐々木院長執刀、豊田真吾先生ご指導 コイル塞栓手術風景]

 

脳動脈瘤用ステントを併用したコイル塞栓で動脈瘤が完全に閉塞出来ています。

 

[ブルーがコイルで完全閉塞した脳動脈瘤]

[完全閉塞した脳動脈瘤]

 

未破裂脳動脈瘤に対し長谷川洋名誉会長のご指導のもとで佐々木院長が執刀した顕微鏡下クリッピング術風景です。

[佐々木院長執刀、長谷川洋名誉会長ご指導 顕微鏡下クリッピング術風景]

 

クリッピンングを実施することで動脈瘤が完全に閉塞できています。

 

クリッピング手術の場合は開頭を実施することになります。

 

またMEPという術中モニターも麻酔科医師と検査技師の協力のもとで積極的に実施、術中ICG造影を併用することでより安全な手術を心がけています。

[術中モニター実施風景]

 

破裂脳動脈瘤(中大脳動脈)に対し矢野達也副部長が執刀(小林紀方副部長アシスト)した脳血管内手術コイル塞栓手術風景です。

[矢野達也副部長執刀、小林紀方副部長アシスト]

 

脳動脈瘤が完全閉塞出来ています。

[ブルー部分が完全閉塞した脳動脈瘤]

 

破裂脳動脈瘤(前大脳動脈)に対し小林紀方副部長が執刀(矢野達也副部長アシスト)した脳血管内手術コイル塞栓手術風景です。

[小林紀方副部長執刀、矢野達也副部長アシスト]

 

脳動脈瘤が完全閉塞出来ています。

[ブルー部分が完全閉塞した脳動脈瘤]

 

脳動脈瘤についてのご相談は、佐々木院長、矢野達也副部長、小林紀方副部長、豊田真吾巨大脳動脈瘤特別外来、長谷川洋名誉会長、岩崎孝一名誉院長にお気楽にご相談ください。

 

文責

理事長総務室 津之浦 暁

植林 明日香

微小血管減圧術手術治療班からのお知らせ

当院では名誉院長 岩崎 孝一 先生(北野病院 元主任部長)のご指導のもと、積極的に顔面痙攣や三叉神経痛に対し、手術治療を実施しています。
昨年夏の岩崎 名誉院長 就任後10人目となる顔面痙攣(Ⅶ)の顕微鏡下手術治療(微小脳血管減圧術)を実施しました。

手術写真は岩崎 名誉院長ご指導のもとでの佐々木 院長執刀 顕微鏡下手術風景です。
 

顕微鏡下手術 視野では左椎骨動脈(VA)が大きく顔面神経(Ⅶ)の神経出向部(REZ)を圧迫していましたのでまず椎骨動脈(VA)を移動して硬膜に生体接着剤で固定移動(transposition テクニック)します。
 

ただ実際は椎骨動脈だけでの顔面痙攣は少ないためさらに探索し前下小脳動脈(AICA)が小さいながらも2本で顔面神経(Ⅶ)神経出向部(REZ)を圧迫していたのでこれについては大きな移動が穿通枝血管の兼ね合いでできないため、前下小脳動脈(AICA)と顔面神経(Ⅶ)神経出向部(REZ)の間にスポンジを留置して顔面神経を完全解放しました。術後直後から顔面痙攣は消失しています。
 

尚、開頭部位 耳の後ろをできるだけ小さく実施するようにしています。

 

当院の特徴は術中モニターを徹底した安全性を重視する手術です。

1番弱いとされる聴神経や顔面神経の損傷を最小限に回避すべく麻酔科や検査技師の協力を得ながら必ず実施しています。

 

またこの写真は三叉神経痛の微小脳血管減圧術の岩崎孝一 名誉院長執刀の術中風景(佐々木院長アシスト)です。

 

顕微鏡下手術 視野では三叉神経(Ⅴ)出向部(REZ)が上小脳動脈(SCA)に圧迫されていたことから、上小脳動脈(SCA)を生体接着剤を使用して移動接着することで三叉神経(Ⅴ)出向部(REZ)を完全解放します。術後即時に三叉神経痛は改善されています。

 

また、この手術でも同様に開頭部位はできるだけ小さくするように工夫しています。

顔面痙攣や三叉神経痛にお悩みの患者様は、岩崎 孝一 名誉院長、佐々木 院長の外来でお気軽にご相談ください。

  文責 理事長総務室
      植林 明日香

脳血管内手術治療班からのお知らせ:最先端治療wingspan stentを実施しました

[ 手術風景:佐々木 院長執刀、浅井 克則 先生ご指導、森田 副部長アシスト ]

内頸動脈錐体骨部の狭窄(写真2-赤丸)による症状性脳虚血発作の患者様に対し、最先端治療wingspan stentを実施しました。


[ 術前内頸動脈錐体骨部狭窄部位 ]

まず狭窄部を4m mマイクロバルーンで拡張(下写真 赤丸部分)します。


[ 4mmマイクロバルーンによる血管拡張 ]

その後に最先端治療デバイスであるwingspan stent を血管内に留置(下写真 赤丸部分)します。


[ Wingspan stent の留置 ]

最終的な血管造影で安定した血管拡張(下写真 赤丸部分)が得られ手術を終了しました。


[ 術後血管拡張が安定した内頸動脈 ]

また今回の手術においては同じ坂井 信幸 先生(神戸医療センター中央市民病院)の門下生のご縁のある浅井 克則 先生(大阪大学関連施設の大阪脳神経外科病院所属)にご指導に来ていただきました。


[ 左から小林 副部長、浅井 克則先生、佐々木 院長 ]

脳動脈瘤治療班からのお知らせ:当院では顕微鏡下クリッピング術と脳血管内コイル塞栓術の二刀流で治療を実施しています。


[ 顕微鏡下クリッピング術風景 ]
[執刀 佐々木 院長長谷川 名誉会長 指導、山下 部長 アシスト ]
脳動脈瘤に対して、従来通りの開頭による顕微鏡下手術による*クリッピング術はもちろんのこと、最先端の脳血管内手術技術によるコイル塞栓術も併せて24時間体制で実施できるよう、ハートある藍の都スタッフ一丸となって頑張っています。
 
特に、当院では開頭クリッピング術脳血管内コイル塞栓術の両方の技術を持つ、いわゆる“二刀流”の脳外科医が佐々木 院長の下に4名所属しており、熟練の開頭技術を持っている長谷川 洋 名誉会長岩崎 孝一 名誉院長の両名のご指導も仰ぎながら安全で丁寧な手術実施を心がけています。


[ 脳動脈瘤(赤丸) ]

[ クリッピング後頭蓋骨修復状態 ]

[ コイル塞栓術風景 ]
[ 執刀 矢野 副部長小林 副部長 第一アシスト、森田 副部長 第二アシスト、佐々木 院長 指導 ]

[ 脳動脈瘤コイル塞栓後(青) ]

脳動脈瘤の治療においては、脳動脈瘤治療班(班長 佐々木 院長・副班長 矢野 副部長)にお気軽にご相談ください。

微小脳血管減圧術治療班からのお知らせ:多くの患者様に毎月治療を実施しています。


[ 三叉神経痛顕微鏡下手術執刀風景 ]
[ 岩崎 名誉院長執刀、佐々木 院長メインアシスト、森田 副部長アシスト ]
当院では岩崎 名誉院長が北野病院主任部長時代にご専門で積極的に実施されていた三叉神経痛や顔面痙攣に対しての脳微小血管減圧術を岩崎 名誉院長 の当院ご就任後は積極的に毎月実施をしています。

 

特徴としては、最も手術の侵襲を受ける可能性のある聴神経やABRのモニターチェックに加え、最新のAMR(Abnormal Muscle Response)モニターも術中に実施し、安全性を徹底しています。


[ 小さな開頭(key hole)(赤丸) ]
できるだけ小さな開頭(key hole)での工夫もしています。

[ 三叉神経を圧迫していた微小脳血管を外して対側の硬膜に生体接着剤で接着移動(黄色丸) ]
[ これにより三叉神経の圧迫部は解除(青丸)されています。 ]
また、再発を防ぐために、神経を圧迫している微小脳血管と神経の間にスポンジを置くことで減圧するinterpositionテクニックではなく、スポンジなど異物を留置せず脳微小血管を生体接着剤で他の部位に接着移動することで減圧するtranspositionテクニックを実施することで良好な治療成績を維持しています。

[ 顔面痙攣に対する顕微鏡下手術風景 ]
[ 岩崎 名誉院長 執刀、佐々木 院長メインアシスト、森田 副部長 & 小林 副部長アシスト ]
顔面の痙攣でボトックス治療に限界を感じている場合や、三叉神経痛(歯磨きや顔を洗うときに激痛がでる)に悩んでいる患者様においては岩崎名誉院長や佐々木院長にお気軽にご相談ください。

[ AMRモニター実施画面 ]

[ 顔面神経を圧迫していた微小脳血管を外して対側の硬膜に生体接着剤で接着移動(黄色丸) ]
[ これにより顔面神経の圧迫部は解除(青丸)されています。 ]

脳腫瘍班 からのお知らせ:脳神経外視鏡による手術を実施しています。


[ 外視鏡による後頭葉腫瘍摘出術風景 山下 部長 執刀 佐々木 院長 アシスト 長谷川 名誉会長 指導 ]
従来の顕微鏡下での手術に加え、脳神経外視鏡を使用してマイクロ手術を積極的に実施しています。
顕微鏡に比べ術者以外の手術視野が観察しやすく、また奥まった部分の腫瘍の観察にも大変適している特徴があります。

[ 外視鏡による頭頂葉腫瘍摘出術風景 小林 副部長 執刀 佐々木 院長 アシスト 岩崎 名誉院長 指導 ]
当院では、脊髄脊椎班、脳腫瘍班(頭蓋底脳腫瘍/微小脳血管減圧術治療班、悪性腫瘍/ガンマナイフセカンドピニオン治療班)で積極的に実施しています。

[ 摘出腫瘍 ]

[ 術前腫瘍(赤丸) ]

[ 術後完全摘出(青丸) ]

脳神経内視鏡手術治療班からのお知らせ:中等度大の脳出血除去にも導入しています


[ 手術風景(森田Dr.執刀、小林Dr.アシスト、佐々木 院長 & 岩崎 名誉院長 指導) ]

 

従来は顕微鏡下手術で摘出する中等度大の脳出血に対しても、皮膚切開や開頭も大幅に小さく、また安全で正確な血腫摘出が可能となっており、これにより、より少ない患者さんへの負担で大きな回復効果が期待できます。
当院ではこういった脳神経内視鏡手術を積極的に取り入れています。

 


[ 手術風景(森田Dr.執刀、小林Dr.アシスト、佐々木 院長 & 岩崎 名誉院長 指導) ]

 


[ 頭部3DCT(切開および開頭部位:赤丸) ]

 


[ 手術前頭部CT(出血部位:赤丸) ]


[ 術後頭部CT(完全に摘出された出血痕:赤丸) ]

 

脳神経内視鏡手術治療班からのお知らせ:脳深部の脳出血の摘出に効果を発揮しています。


[脳神経内視鏡手術風景 森田 副部長執刀 山下 救急部長アシスト]

 

脳深部に発生した脳出血に対し従来の顕微鏡下手術だけでなく最新の脳神経内視鏡手術での摘出を積極的に導入し安全に実施をしています。
手術時間も1時間程度で短く、また開頭部位も大変小さく実施することができます。

 


[脳神経内視鏡手術風景 森田 副部長執刀 山下 救急部長アシスト]

 


[脳神経内視鏡手術前 脳出血(赤丸)]

[脳神経内視鏡手術後 脳出血がほぼ全摘出(赤丸)]

 


[皮膚切開や開頭も小さく実施しています(赤丸)]

 

高難度な内頚動脈内側微小脳動脈破裂に対し、高性能のマイクロバルーンを併用し安全な動脈瘤コイル塞栓術を実施しています。


[小林 副部長執刀、佐々木 院長指導、矢野 副部長指導、森田 副部長アシスト]

 

内頚動脈瘤でも小さいサイズで、しかも内側に向いている動脈瘤は、極めて難易度が高いとされています。

 

[ 術前検査所見で内頚動脈内側部に微小な脳動脈瘤を確認 ]

 

当院では複数の脳血管内手術専門医の協力で、4mm径の拡張形状がフレキシブルなタイプの高性能マイクロバルーンを使用して安全なコイル塞栓を実施しています。

 

[ 高性能4mm径バルーン拡張下でのコイル塞栓 正面、側面 ]

 


[コイル塞栓で完全閉塞した脳動脈瘤]

 


[[岩崎 名誉院長 監修、奥谷 放射線科 次長バックアップ]

 

岩崎名誉院長(元北野病院主任部長)の執刀の元、三叉神経痛微小血管減圧術、顔面痙攣微小血管減圧術を積極的に実施、開始しています。

微小脳血管減圧術において、当院では安全に手術を実施するため、手術前にCTによる造影検査を実施し、手術野に露出する横静脈洞からS状静脈を確認して、その上で開頭を実施します。

三叉神経痛への微小脳血管減圧術について

 


[造影CTによる横静脈洞からS状静脈]

[実際の開頭部分]
術中は検査部の参加の下、ABR monitorを実施します。
これにより、手術部分近傍のもっとも弱い顔面神経や聴神経への圧迫や損傷を未然に防ぐことができます。

[検査部による術中ABRモニター風景]

[顕微鏡下手術風景 岩崎 名誉院長 執刀 佐々木 院長 第1アシスト、森田Dr 第2アシスト]

[術中写真]
顕微鏡下で三叉神経痛の原因となっている三叉神経の脳幹からの出向部(REZ)を圧迫している上小脳動脈SCA(赤丸)を確認します。

[術中写真]
この圧迫した血管を三叉神経から丁寧に外します。
そして圧迫部をしっかり解除します。(赤丸)
そして生理的組織接着剤を使用し、この血管の別の部分を硬膜に接着(黄色◯)して先の解除した状態を安定させます。
こういった手法をTrans position法と言います。
もっとも再発率が少ない手技ですので当院では岩崎 名誉院長のご指導のもと、優先的に実施しています。
なお、この症例においては不安定のため、念のため、圧迫血管と三叉神経の間にスポンジ(緑◯)をおく、interpositionという手法を合わせて追加しました。
Trans positionでは専用の微小キット(青◯)を使っています。
指で抑えてるところを押すと微量の生理的組織接着剤が出ます。深い術野にも入ります。
これは当院の岩崎 名誉院長が独自に開発され、広く普及しています。

[MRI写真 術前]

[MRI写真 術後]
術前MRI検査での圧迫(赤丸)が術後解除(青◯)されています。

顔面痙攣への微小脳血管減圧術について

顔面神経の近傍に聴神経があり、術中のABRモニタリングを正確に実施することで聴神経への損傷を最小限にする必要があります。
術中に熟練した検査技師によるABRモニターにより、手術操作による聴神経へのダメージを予見し、必要時は手術操作を一旦休止して聴神経の損傷を回避します。

[顕微鏡下手術風景 岩崎 名誉院長 執刀、佐々木 院長 第1アシスト、森田Dr 第2アシスト]

[術中写真]
顕微鏡下で顔面痙攣の原因となっている顔面神経の脳幹からの出向部(REZ)を圧迫している椎骨動脈(赤丸)を外し、さらにその奥で圧迫していたもう一本の後下小脳動脈(赤丸)を確認し、慎重に外します。

[術中写真]
出向部(REZ)を圧迫していた椎骨動脈(赤丸)、後下小脳動脈(赤丸)を完全に外し、生理的組織接着剤を使用してこの血管の別の部分を硬膜に接着(黄色◯)して先の解除した状態を安定させます。
これにより出向部(REZ)が完全に解除(青丸)されています。
こういった手法をTrans position法と言います。
もっとも再発率が少ない手技で当院では岩崎 名誉院長のご指導のもと、優先的に実施しています。

〒538-0044 大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号

日本脳神経外科学会専門医研修プログラム研修施設
  • 公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院連携施設
  • 滋賀医科大学医学部付属病院関連施設
日本脳卒中学会認定教育病院
大阪府災害医療協力病院
 
9:00~12:00
(受付 8:45~11:30)
-
14:00~17:00
(受付 13:30~16:30)
--
<受付・診療時間>
 診療日  : 月曜日~土曜日(土曜日は午前中診療)
 受付時間 : 午前 8:45~11:30 午後 13:30~16:30
 診療時間 : 午前 9:00~12:00 午後 14:00~17:00
<面会時間>
 一般病棟:
  平日 午後14:00~20:00 / 土日祝 午前11:00~20:00
 SCU(脳卒中ケアユニット)・ICU(集中治療室):
  平日 午後14:00~15:00 / 午後19:00~20:00
PAGE TOP