理事長・院長挨拶

 2011年7月ご縁あって大阪東部地区である大阪市鶴見区に、脳神経疾患の超急性期救命治療をテーマにした専門病院を開設させていただき、現在では年間2000例近い救急対応と、年間300例以上の手術治療を実施出来るに至っています。
開設火入れのメンバーと相談し、地域住民の皆様に愛され、そして無くてはならない病院を目指すべく、愛≒藍の都と命名し、チームイメージとしてイルカをトレードマークに決め、患者様ファーストを心根に一切のぶれなく歩んで参りました。
2017年6月16日には全国医療法人の0.5%にも満たない、極めて公共性の高い社会医療法人に開設6年目の最短記録で御認可いただきました。之もひとえに、私どもをご信頼いただいた患者様や患者様ご家族、救急隊救命救急士の方々、周囲の医療関係各位の皆様のおかげであると職員一同感謝しています。
藍の都職員を代表して心より御礼申し上げます。

 私が、脳神経疾患の超急性期治療を基軸とした地域貢献にこだわる背景として、私の祖母の存在があります。
祖母は北海道開拓使道産子2世で、東京女子医専(現在の東京女子医大)を卒業後、北海道大学小児科で研修した女性小児科医でした。祖母が夜遅く出向く小児科夜間往診に、幼少期の私も随伴させられ、患者様が病気になる時間は患者様が選ぶことは出来ない、という理念を祖母の背中を見ながら教育されました。
その祖母が診療中に倒れ、脳卒中と診断されたものの、その当時の医療技術では正確な診断はおろか救命に至る治療は不可能であり、ほとんど治療をされないままに亡くなりました。
かような経緯が大きなインパクトとなり、24時間365日体制で脳疾患の超急性期救命治療を提供出来る病院を創りたい、と子供心に想起したのが、藍の都開設に至った強い動機となっています。

 患者様ファーストを基軸に、2012年SCU(脳卒中ケアユニット)を開設、中枢神経疾患治療の充実を目的に2015年脊椎脊髄センター(栗林厚介センター長)を開設し、1年間100例近い脊椎脊髄手術治療を実施しています。
同年には痙縮治療センターを開設、脳神経疾患後遺症患者様への治療拡充のためボツリヌス治療を積極的に導入し現在大阪でもトップクラスの実績を誇っています。
また全身脈管系疾患治療の充実を目的に2016年循環器カテーテル治療科を開設し心臓ステントや末梢血管拡張ステント術も実施しています。
2017年脳神経内科を新設し、脳神経内科変性疾患(パーキンソン病やふるえ、痙攣など)への対応を充実しています。
当然のことではありますが、2019年一次脳卒中センターも修得しています。
国際貢献プロジェクトとして、中国杭州に和康医療集団と合作で佐佐木脳リハビリテーションセンターを開設し、中国で未だ普及していないボツリヌス治療を含む痙縮治療や回復期脳リハビリテーションでの現地貢献にも参加しています。
今後は、脳腫瘍疾患への治療レベルの向上を図っていくとともに、2024年頃に整備選定される脳血栓回収センターに選出頂くよう、チーム一丸となって研鑽していきたいと思っています。

 今後とも患者様ファーストへのチームの想い(DNA)は薄めることなく、人的資源の教育投資はもちろんのこと、最新機器や新規技術導入のための技術投資も今まで以上に推進し、大阪東部地区でなくてはならない病院に成長していきたいと願っています。
職員一同日々研鑽して参りますのでどうか今後ともご指導ご鞭撻の程お願いいたします。

社会医療法人 ささき会 藍の都脳神経外科病院
理事長・院長 佐々木 庸

〒538-0044 大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号

日本脳神経外科学会専門医研修プログラム研修施設
  • 公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院連携施設
  • 滋賀医科大学医学部付属病院関連施設
日本脳卒中学会認定教育病院
大阪府災害医療協力病院
 
9:00~12:00
(受付 8:45~11:30)
-
14:00~17:00
(受付 13:30~16:30)
--
<受付・診療時間>
 診療日  : 月曜日~土曜日(土曜日は午前中診療)
 受付時間 : 午前 8:45~11:30 午後 13:30~16:30
 診療時間 : 午前 9:00~12:00 午後 14:00~17:00
<面会時間>
 一般病棟:
  平日 午後14:00~20:00 / 土日祝 午前11:00~20:00
 SCU(脳卒中ケアユニット)・ICU(集中治療室):
  平日 午後14:00~15:00 / 午後19:00~20:00
PAGE TOP