国際貢献事業

痙縮治療日本トップクラスの実績でアジア国際貢献を!


国際貢献事業室
室長 佐々木胡春
 
 
 当院では、日本の看護師免許を取得している中国人看護師を配置し、中国語対応可能な病院として大阪府および観光庁で登録を受けています。脳卒中等でお困りの在日・訪日患者様、または痙縮治療および脳卒中リハビリを希望される場合、在日・訪日・在中を問わず中国人脳卒中患者様の受入れを行っています。
 


杭州市で痙縮治療実施に向けて日中合作締結
 そして2019年7月、我々は中国浙江省の和康グループと杭州佐佐木脳康复中心(脳卒中リハビリテーションセンター)を日中合作で開設しました。すでに中国の脳卒中患者様へ藍の都式痙縮治療とリハビリテーションの提供を行っており、ご好評を頂いています。日本で培った確かな技術で、日中間の国際貢献に努めて参ります。

 



〒538-0044 大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号

日本脳神経外科学会専門医研修プログラム研修施設
  • 公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院連携施設
  • 滋賀医科大学医学部付属病院関連施設
日本脳卒中学会認定教育病院
大阪府災害医療協力病院
 
9:00~12:00
(受付 8:45~11:30)
-
14:00~17:00
(受付 13:30~16:30)
--
<受付・診療時間>
 診療日  : 月曜日~土曜日(土曜日は午前中診療)
 受付時間 : 午前 8:45~11:30 午後 13:30~16:30
 診療時間 : 午前 9:00~12:00 午後 14:00~17:00
<面会時間>
 一般病棟:
  平日 午後14:00~20:00 / 土日祝 午前11:00~20:00
 SCU(脳卒中ケアユニット)・ICU(集中治療室):
  平日 午後14:00~15:00 / 午後19:00~20:00
PAGE TOP