看護部

看護部 師長 土海 由紀(SCU・急性期病棟担当)

 2階病棟は、SCU(脳卒中ケアユニット)12床、7:1急性期38床で運営しています。
SCUでは、急性期の脳卒中患者さまを受け入れ、発症早期から、24時間体制で集中的な治療・看護・リハビリをおこなっています。
 脳卒中による死亡率の低下や機能障害の改善は、いかに早期に適切な治療をするかにかかっています。そういったことから、ER(救急)も2階病棟で兼務し、救急搬送された患者さまへの適切な治療や手術が時間のロスなくスムーズに行えるようにしています。
 私達は、急性期病棟のスタッフとして安全で迅速な対応・的確な判断が求められ、その重さを噛みしめつつ日々の自己研鑚に励んでいます。
 また、患者さまが超急性期の危機的状態を脱し、徐々に回復されていく姿をみる喜びはひとしおで、『看護』を実感できる病棟だと思っています。 毎朝、医師・看護師・ソーシャルワーカー・リハビリスタッフ・薬剤師と共に回診を行い、患者さまの病状経過に沿って治療方針やリハビリを検討し早期離床を目指しています。

 楽しく、やりがいのある職場づくりを目標に、これからも『患者様ファースト』の心で他部署との連携を大切に、より良いチーム医療を提供できるように努力していきたいと思います。

看護部 副師長 緒方 四江(手術室担当)

手術室部門では、予定された手術・血管内治療だけでなく、24時間体制で超急性期における救急外来から手術室・血管内治療室での緊急手術・血管内治療と迅速に医師の診療活動を支え、患者さんに安全で質の高い手術医療を提供するため、手術に携わるチームメンバーが役割発揮できる体制を整えられるようサポートしています。

専門性が高く、高度な知識と行動力が求められますが、高い達成感と実りの多い部門と考え、スタッフ一同日々邁進しています。私どもの活動が一人でも多くの患者さんの幸せな人生に貢献していくよう、努力し続けています。

看護部 副師長 利川 真弓(回復期病棟担当)

 3階病棟は30床の回復期病床を有しています。 充実した体制で医学的処置の必要性が高い患者さまを受け入れ 身体機能の改善や在宅復帰を行なっていると評価され、平成27年5月1日に回復期リハ病棟入院料1を取得致しました。
予期せぬ病気発症により急性期病棟での集中治療を経ても 心身のダメージが大きく残ってしまい 入院前の生活に戻ることが困難なことがあります。
 それらを踏まえ回復期病棟では患者さまに対し 充実したリハビリにより日常生活動作の改善をはかり、患者さまや家族様の精神的、身体的サポートを行う為、定期的なカンファレンスを行なっています。
 また、若年の方においては就労、復職を含めた社会復帰においても、入院中から大変重要なアプローチであり 医師、看護師、リハビリセラピスト、メディカルソーシャルワーカーと連携し全力で支援させて頂きます。

看護部 主任 内田 妙香(外来担当)

当院の外来は、脳神経外科を中心に多数の診療科・専門外来が充実しています。 パーキンソン・てんかん等に対応した神経内科や、認知症・高次脳機能専門外来、脳腫瘍のセカンドオピニオン、日本頭痛学会専門医による頭痛外来、脊椎センター。脳卒中後遺症のこわばりや運動障害に対するボトックス外来。また、脳卒中予防に大変重要な総合内科・糖尿病専門外来・循環器内科・ペースメーカー外来・禁煙外来があります。

 当院に来られる、患者様およびご家族様が安心して診療・治療を受けて頂ける様、スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます。
明るく笑顔で思いやりの心を大切に、他部署と連携を図りながら、地域に根付くより良い医療を提供していけるよう、日々努めています。

看護部 主任 札野 富夕(SCU・急性期病棟担当)

 SCU(脳卒中ケアユニット)は、脳卒中の中でも発症早期から24時間体制で集中管理が必要な患者様を受け入れる病棟です。
 例えば、くも膜下出血では、術後2週間程度は血管攣縮のリスクが高いとされており、常に看護師が細やかな観察を行い、異常を見逃さない事が大切であると日々感じています。それが、早期治療に繋がり、社会復帰に直結するからです。
 しかし、後遺症として高次脳機能障害が残存する場合もあるので、患者様の回復過程に沿って様々な職種が協働することで患者本位のチーム医療を提供できると感じています。
 
 これからも、専門職として、自覚と責任を持ち、質の高い看護を提供できるよう努力して参ります。

看護部 主任 山本 希(SCU・急性期病棟担当)

2階病棟では、急性期看護と救急外来の兼務となっています。
ハードですがやりがいもある為、ママさんナースや脳外科初心者ナースも多く、家庭や子育てとの両立、プレッシャーなど、大変ではありますが、経験者ナースと共に頑張っています。
多方面で活躍したスタッフ個々の経験を生かし、安心して働きやすい環境を継続する事で、患者様により良い看護を提供できると感じています。
また、安心安全な診療、入院生活を送る事が出来るよう努めて参ります。

看護部 主任 小堀 陽呂樹(手術室担当)

 手術室看護師は、手術や血管内治療だけではなく病棟看護師と協働してER業務を兼任しています。
 ERで患者さんの状態を観させて頂き、手術が必要となった場合は、すぐに手術準備に取り掛かることができる為、診断から治療開始まではスムーズ且つ迅速に対応する事ができます。
 実際に1分1秒の時間が重要になる血管内治療の血栓回収や開頭手術などは、最大限の速さで進めることができていると感じています。
 また、治療開始を急ぐことだけに集中しすぎず、患者さんにとって安心で安全な手術環境を提供できるよう、常に努力してまいります。

看護部 主任 堀家 意(SCU・急性期病棟担当)

 脳外科疾患では麻痺などの後遺症を伴ってしまうことが多いですが、その後遺症を最小限にし、残存機能を維持するためには急性期での早期離床が大変重要です。そのため緊急性を必要とする急性期治療と並行してリハビリの協力のもと早期離床にも力を入れています。
 藍の都の合言葉である「患者さんファースト」を常に意識しながら、安全で安楽な入院生活が送れるよう看護助手とのチームワークを大切にしています。
 また国際交流の一つとして、ミャンマーからの技能実習生を受け入れています。
現在3人の実習生が当院で日々勉強し頑張っています。一日も早く病院に慣れ、日本での生活もEnjoyしてほしいと思います。

看護部 副主任 小林 愛実(SCU・急性期病棟担当)

 SCUは、2019年12月に12床へ増床し、今まで以上に知識・技術の向上が必要であると感じ、日々自己研鑽に励んでいます。
 血管内治療は、年間300症例以上行っておりますが、搬送から血管内治療に入るまでの時間によって、後遺症の残存率が左右されると言われています。
 治療までの時間を少しでも短縮できるよう、救急外来から直接血管内治療室へ患者様を搬入できるシステム作りを構築し、より迅速に、より確実な医療・看護が提供できる環境作りに取り組んでいます。

看護部 副主任 池永 睦子(SCU・急性期病棟担当)

急性期病棟では脳外科を中心に内科、循環器、神経内科、脊椎、整形と様々な患者様に看護を提供しいています。急性期に合併症を併発することは少なくなく、あらゆる側面からアセスメントを行い、異常の早期発見、合併症の予防に努め、急性期の回復過程が安全に過ごせるよう、看護しています。専門性の高い看護を提供すると共に、突然のライフスタイルの変化から患者様・家族様の不安を少しでも軽減できるような関わりを大切にしています。
当院はスタッフの国際化を導入しており、教育システムの構築をスタッフの協力のもと行い、看護師の育成にも、力を入れています。
現在、中国出身の看護師6名が在籍し一緒に働いています。
ユーモア・笑いを忘れず日々努めていきます

看護部 副主任 川井 琴美(SCU・急性期病棟担当)

 当院では24時間365日脳卒中及び脳疾患に関わる救急の受け入れを行っています。昼夜休日問わず手術対応が行えるように、手術対応が可能な看護師の育成に励んでいます。特に当院の特徴としては、救急外来、手術室、病棟までが同じ病棟看護師で対応出き、スピーディに治療が開始できます。また同じ看護師が患者様の対応に当たれ、患者様からは顔見知りの看護師さんがいると安心するといったお言葉をいただいた経験があります。救急外来から病棟までずっと同じ看護師が対応することで、急に手術!となった患者様不安を少しでも軽減させ、安心して治療に望んで頂けるのではと感じています。
また、これらを導入し緊急時にすぐ対応できることで、患者様の予後を向上できるというところもメリットだと思っています。昨今は在宅復帰だけでなく社会復帰を目標とされています。速い時間で治療をすることにより後遺症残存リスクを少しでも低くし、リハビリにより社会復帰を目指せるというところです。
 しかし今まで病棟しか経験したことのない看護師が大半であり、不安は大きいものと感じます。その為手術室看護師協力のもと、一人一人のキャラクターや成長スピードに合わせ教育課程を組んでいます。私自身もその一人で、上司としっかり話を行い教育内容を組んでもらいました。

 部署の垣根を超え、楽しく成長でき、患者様により良い治療、療養環境が提供出きるよう自己研磨及び看護師育成に励んで参ります。

看護部教育担当

令和1年9月11月・20日・25日 看護部勉強会 「ITB療法について」
講師 第一三共株式会社 様
平成30年8月20日 看護部勉強会 失語症のリハビリテーション
◆講師 リハビリテーション部 副主任 寺岡敦司
平成30年8月3日 看護部勉強会 ケイセントラについて ◆講師 CSLベーリング株式会社 様
平成30年7月11日 看護部勉強会 水頭症について ◆講師 脳神経外科 医師 宮﨑晃一
平成30年6月13日 看護部勉強会 最先端リハビリテーションの特徴と効果の実際
◆講師 リハビリテーション部 科長 君浦隆ノ介

看護師の業務

8:45~ 朝礼
9:00~ 環境整備
      点滴準備
      保清ケア
10:00~ 検温
11:00~ BS測定/昼食前薬投薬
12:00~ 夕食配膳/食事介助/下膳
       食後薬 与薬
       オーラルケア
14:00~ 経管栄養 注入器具回収
16:00~ 午後の点滴実施
       最終部屋周り
16:45~ 夜勤への申し送り

16:30~ 申し送り
17:00~ BS測定/夕食前薬投薬
18:00~ 夕食配膳/食事介助/下膳
21:00~ 消灯
       記録
23:00~ ドレーンバック交換準備
0:00~ 尿量・ドレーン測定
5:00~ 経管栄養準備
      採血測定
7:00~ モーニングケア
8:45~ 朝礼

〒538-0044 大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号

日本脳神経外科学会専門医研修プログラム研修施設
  • 公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院連携施設
  • 滋賀医科大学医学部付属病院関連施設
日本脳卒中学会認定教育病院
大阪府災害医療協力病院
 
9:00~12:00
(受付 8:45~11:30)
-
14:00~17:00
(受付 13:30~16:30)
--
<受付・診療時間>
 診療日  : 月曜日~土曜日(土曜日は午前中診療)
 受付時間 : 午前 8:45~11:30 午後 13:30~16:30
 診療時間 : 午前 9:00~12:00 午後 14:00~17:00
<面会時間>
 一般病棟:
  平日 午後14:00~20:00 / 土日祝 午前11:00~20:00
 SCU(脳卒中ケアユニット)・ICU(集中治療室):
  平日 午後14:00~15:00 / 午後19:00~20:00
PAGE TOP